40代での自然妊娠は可能?

妊娠産婦人科などで医学的治療を全く受けずに夫婦生活によって妊娠することを言い、自然妊娠する力のことを妊孕力(にんようりょく)と言います。

生物学理論上では初潮(12歳ごろ)から閉経(50歳ごろ)まで可能とされているため、40代でも自然妊娠は可能です。

自然妊娠の確立は30歳で25~30%、35歳を超えることから下げ幅が大きくなり18%、40歳では5%ほど。
年齢を重ねるにつれ流産率やその他のリスクも増え、流産率は30代と比べても高く、妊娠しても出産まで至らないケースも多いです。

年齢と共に妊娠率は下がり、産婦人科などでのタイミング指導や排卵誘発法、人工授精、体外受精、顕微授精による医学的治療(ART)を受け妊娠を目指す人が増える傾向にあります。

40代になると自然妊娠しにくいといわれる理由

卵子の老化や質の低下が起こるため、自然妊娠しにくい状態になることがわかっています。
女性は35歳を過ぎたあたりから自然妊娠率が下がり、流産率は上がります。

厚生労働省が公表している報告書の中に、母親と自然流産率についてのグラフがあります。

母親の年齢自然流産率
24歳以下16.7%
25~29歳11.0%
30~34歳10.0%
35歳から39歳20.7%
40歳以上41.3%

引用:「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」

年齢を重ねるごとに妊孕力が低下するのは、卵子の質が低下や老化が進んでいるからだと考えられています。
卵子の質や老化の原因は明らかとなっていませんが、年齢が上がるにつれて妊娠や妊娠継続が難しくなるのは明らかです。

卵子の質・老化とは別に、数の減少も要因の一つです。

女性が持つ卵子の数は生まれつき決まっており増えることはないため、加齢と共に減少していく仕組みになっています。
生まれた時には約200万個ある卵子も、思春期では約30万個まで減少し、37歳辺りから加速的に減少していきます。

質の良い卵子から排卵されていくため、あとに残るものほど状態が悪いということになるのです。
そのため、自然妊娠の限界は一般に42~43歳と言われています。

男性は年齢と共精子を作る力や精子の運動率が下がり、流産率も上がります。
妻は男性と同年代であることが多いため、夫婦双方に加齢による妊孕力低下がみられると言えます。

そのため、自然妊娠の限界は一般に42~43歳と言われています。

40代の妊娠・出産におけるリスク

染色体異常

染色体異常の80%が母親由来、20%が父親由来。

卵子の元となる卵母細胞は、卵子となるまで2回細胞分裂を行います。
加齢に伴う卵子の老化により、細胞分裂が上手くいかなくなった卵子が受精すると染色体異常を引き起こします。

母親の年齢と相関関係が高いため、リスクについてよく考えた上で妊娠、出産する必要があります。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

主な症状としては、高血圧や尿たんぱく、むくみが挙げられます。

妊娠高血圧症候群になると、子癇や脳出血などの病気を合併することがあります。
また、胎児にとっては母体の血流が悪くなることで栄養や酸素の不足が起こることがあります。

妊娠高血圧症候群の予防には食事に注意する必要がありますが、40代以降は対策をしていても卵巣機能の低下や血管の老化によって起こりやすくなってしまうため、危険度が高くなります。

流産

すべての妊娠における流産率は10~15%ですが、40歳では40%、45歳では50%にも跳ね上がります。
流産の原因の80%は染色体異常であり、重大な以上の場合は着床するに至らず、比較的小さい以上の場合は着床しても流産という結果に。

染色体異常が年齢と関係しているため、流産も年齢とともに確率が高まってしまいます。

40代での自然妊娠のために心がけるべきこと

40代での妊娠は、若い年齢での妊娠と比べて妊娠しづらく、母子共にリスクもあります。
そのため、ただ妊娠したいという思いだけでなく、知識を増やしてできるだけのことを行い、その上で自然妊娠を待つ必要があります。

若さと健康を保つ妊娠できる体づくりを心がけましょう。
無月経や月経不順になっている人は、まずそれらを改善する必要があります。
そのためには、質の良い睡眠や適度な運動、飲酒・喫煙を控えるなどして規則正しい生活をすることが大切です。

夫婦で食事やサプリで妊娠に必要な栄養をしっかり摂ること。
妊娠する前から栄養に気をつけることで、妊娠できる確率を少しでも高めたり、胎児の発育を正常にする効果が期待できます。

他にも、ストレスをためないことや体を冷やさないことなど、妊活に必要なことは自分の健康にも良いことなので、地道に改善していくことが大切です。

予想した排卵日に排卵されているとは限らないため、夫婦生活の頻度が増えれば、妊娠する確率も上がります。

妊娠できると信じる気持ちも大切です。
妊娠できないのではないかという不安やストレスで、ホルモンバランスが乱れて不妊の原因になることもあります。
夫婦で妊娠できると信じて諦めないことが大切です。

自然妊娠は難しくても不妊治療をすれば大丈夫?

不妊治療でも必ず妊娠するとか限りません。

不妊治療による妊娠率は意外に低く、何年もかけてやっと妊娠できる人もいれば、年齢的に諦めなければならない時がくる人もいます。
35歳からは流産や胎児異常(ダウン症)の確立が高まり、45歳以上では体外受精や顕微鏡受精も成功する確率はごく稀となります。

生産率(赤ちゃんが生きて生まれてくる確率)となるとさらに低いため、妊娠できても必ずしも出産できるわけではありません。

日本産科婦人科学会が公表しているがあります。
ART妊娠率・生産率・流産率
引用:http://plaza.umin.ac.jp/~jsog-art/2010data.pdf

「自然妊娠がダメなら40代になってから不妊治療をしよう」では遅すぎることもあるのです。
37歳頃から妊娠率・生産率が低下し、流産率は上がります。

自然妊娠にこだわらず、不妊治療をするならできるだけ早い時期に行うのが正解です。

高齢での妊娠を望むならAMH(抗ミュラー管ホルモン検査)を受けよう

AMHとは、体の中にあとどのくらい卵子が残っているかを予測する検査です。
卵子の数が少なければ、それだけ不妊治療が可能な期間も限られるため、早めに不妊治療も視野に入れる必要があるのです。

ただし必ずしもAMHの値が低いことが妊娠できないこととイコールではありません。
20代の女性でもAMH値が低かったり、中にはAMH値が0の人もいます。

AMH値は不妊治療ができる期間がどれくらいあるのかを図るもの。
数字だけで線引きするものではありません。

昔の人の方が遅くまで妊娠・出産していたのでは?

近年は30代での結婚も珍しくはありませんが、昔は20代前半での結婚・出産も多く、子だくさんも当たり前の風潮がありました。

若い間に妊娠や出産を繰り返すことで生理の期間が短くなり、結果的に排卵数が少なくなったことで年齢が上がっても、質の良い卵子が残っていたので年齢が上がっても出産することができた人が多かった可能性が高いと考えられます。

40代の自然妊娠に向けての妊活で取り入れたいサプリメント

20代・30代に比べると自然妊娠の確立は低くなってしまいますが、可能性はゼロではありません。
赤ちゃんやママの体づくりのために、妊活にはぜひ葉酸サプリを取り入れてください。

葉酸の摂取は厚労省も推奨しており、日々の食事から摂取できるものの、1日400㎍の摂取基準を満たすのは大変。
妊娠希望の女性は積極的にサプリメントで補いましょう。

おすすめの葉酸サプリは下記サイトをチェック!

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

同じ買うなら自分に合った葉酸サプリを買いたいもの。
通販・ドラッグストアなど数多く販売されている葉酸サプリを、比較サイトを上手に利用しましょう!

URLはこちらです。
(http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/)